profilo


木 村  徹

KIMURA Toru



幼少からピアノを弾いていたが、小学校入学頃からレッスンを受ける。
楽典・ソルフェージュ・移調・即興演奏・作曲等は独学で習得。
15歳のときに作曲した4楽章制のピアノソナタgis-moll(3楽章はフーガ)がある。
また、数年前には 小学校の校歌を依頼されて作曲。

桐朋学園大学 ピアノ科 を首席で卒業。
読売新人演奏会 に出演。
1984年、第3回 新人音楽コンクール・ピアノ部門第1位。
第1回『音楽現代新人賞』のオーディションにて優秀賞。

在学中から始めた演奏活動の中心は、初めのうちはピアノ四重奏曲・五重奏曲等の室内楽と、声楽の伴奏が多くを占めていた。

1997年、ルーマニアに於いて、国立トゥルグムレシュ交響楽団との共演が好評を博し
1998年、同響 と ディヌ・リパッティ交響楽団 の 定期演奏会のソリストとして招聘されている。
1999年、トゥルグムレシュ交響楽団 の特別演奏会に招かれ ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番 を演奏し、スタンディング・オヴェーション の熱狂的な成功となった。

以来、国内におけるソロの演奏活動の比重も増し現在に至る。
ソリストとして、また室内楽奏者・伴奏者として多くの演奏会で、聴衆だけではなく内外の共演者から厚い信頼を得、刺激を与えている。
放送にたびたび出演し、音楽祭からも招聘されている。

2013年2月、トゥルグムレシュ文化宮殿 において シューマンのピアノ協奏曲を共演し、スタンディングとはならなかったが大好評であった。

2017年2月2日、トゥルグムレシュ文化宮殿 においてルーマニア国立トゥルグムレシュ交響楽団に再度招聘され Beethoven Konzert Nr.3 c-moll Op.37 を共演。
三階席まで超満員(四階席はガラガラだが)の聴衆の手拍子を浴びて協奏曲ではあまり無い2曲目のアンコールを要求された。

渡辺 信江、小柳 良子、砂長谷 裕美 の 各氏に師事。
桐朋 女子高等学校 音楽科(男女共学)入学と同時に森安 芳樹 氏に師事。
エリック・ハイドシェック氏のレッスンを数度に渡って受ける。

2枚のソロCD『木村 徹 ピアノ リサイタル』(ライヴノーツ wwcc-7420・7532)は 各誌で推薦され大変好評だが、第一集の シューマン 幻想小曲集と 第二集の シマノフスキの変奏曲は エリック・ハイドシェック氏から 特段の賞賛を受けた。

さらに第二集は 毎日新聞『今月の私の3枚』に選ばれ『レコード芸術』では準特選盤となった。

2014年10月25日には『木村  徹 ピアノ リサイタル 第三集』(ライヴノーツwwcc-7768)が発売され、『音楽現代』2015年1月号で推薦される。

また
『荒井 英治 ヴァイオリン リサイタル』(wwcc-7370)
『浅田 啓子 シューベルト 名歌曲集』(wwcc-7619)
『岡本 佳織 ソプラノ リサイタル』(Kojima LMCD 1802)
等で共演ピアノを担当している。

二期会等で長年活躍している テノール 牧川 修一 の歌曲CD『セレナーデ』(Schubert、三善晃他)でも共演し 2013年11月に発売された。

桐朋学園大学、大学院 および 桐朋 女子高等学校 音楽科(男女共学)講師。
現在はピアノ専攻実技と初見、室内楽を指導している。
数年前までは、長くオペラクラス等 声楽科の授業の伴奏とアンサンブルディプロマの講師を兼任していた。